子どもの潜在的な能力

勉強

幼い間から基礎学力や知能指数を上げる学習をすることは、子どもや親にとってよい結果をもたらすものです。小学校にあがる前から幼児教室などに通わせて、知能の育成に力を入れる親が増えてきています。この幼児教室では、幼稚園などでは通常行なわれないような学習を楽しくすすめることができます。一般的な国語や算数などではなく図形やパズルを使った学習なので、勉強しているという意識がないままに自然と、数や言葉に関する捉え方や考え方が柔軟になっていきます。幼稚園児の学年にあわせて徐々にレベルをいき、最終的には三桁の足し算や引き算ができるまでに知能を高めていきます。主に幼児教室の年少クラスでは、道具を利用して子どもの脳に刺激を与えるメニューを行ないます。積極的に道具を使いながら口や指を動かすことで脳が活発になって、知能向上が望めるのです。その後、空間を上手に捉える訓練や論理的思考を鍛える訓練を行ない、数字や言葉に関する基礎思考力を定着させていくのです。幼児教室でこのような訓練を通して空間認知の力を養うと、大きくなってから、障害物にぶつかる危険性を減らすことができる上、道に迷うことも少なくなるのです。また、数字に対しても強くなり、後の学習で幅広い応用をきかせることが可能になります。幼児教室のカリキュラムは、子どもの潜在的な能力を最大限引き出せる構成をしていて、学校や家庭だけでは成し得ない子どもの成長を期待することができるのです。