塾に通うメリット

学習指導要領の変更で、国語・数学・理科・社会・英語のような主要教科の他にも特別活動のような時間を設けることになり、受験対策の時間が物理的に減っているのが現状です。不足している分を個別指導塾で補うという学生が増えているのです。また、個別指導塾に通うことによって、学校の授業で学ぶ前に予習をすることが出来ます。個別指導塾で予め習っていた内容を改めて授業で復習することによって更に理解度を深める事が出来ます。学校では出来ないことの中で特に大きなものが、受験に関するデータを入手することができるのです。その年の志望校の傾向や、倍率などを知ることが出来ます。過去のデータなどを鑑みて対策を練るため、効率的に受験対策を行うことが出来ます。学校でも受験対策を行うことが出来ますが、どうしても個別指導塾よりも劣ってしまいます。なぜなら、学校は勉強以外でも様々なことを生徒に教える必要があるからです。生活態度や、部活動など、人格形成に対する教育的役割も併せて担っているのが学校という場です。その中の一環として受験対策というものがあります。もちろん学校教育の中でも受験対策は優先順位が高く位置づけられています。しかし、受験対策だけに特化した存在である個別指導塾よりはどうしても劣ってしまうのは無理もありません。授業の中でも特に受験に関して重要なポイントを明確に指導してくれるのも個別指導塾のメリットでもあります。そのため、利用する人が増えていると予測されます。